忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sinthetic.jpg










Shade Empire / Sinthetic
2004
Melodic Black Metal




フィンランド産メロディック・ブラック/デス・メタルの1stフル
2001 , 2002発のデモ収録曲が数曲入っていますが、
私は持っていないので、どう違うかはわかりません。


1. Conjurationは冒頭から豪華絢爛なキーボードが飛び出し、
終始曲を引っ張っていく様子はシンフォニック・ブラックに通じるものを感じます。
中盤では映画のサントラの様な大仰な展開へ
ギターは正直地味かも・・・w

2. Pain & Pleasureは同郷のメロデスバンドEternal Tears of Sorrowを思わせる
メランコリックな1曲で、ゴシック的に感じる部分もあります。
フィンランドらしい透明感のあるメロディーも聴けたりします。

3. Human Sculptureはクリーンボイスによるボーカルが飛び出す1曲
冷え切った雪原を思わせるキーボードによる美旋律に、
朗々と歌い上げるクリーンボイスによるボーカルにもはや涙腺崩壊・・・

6. Ja Pimeys Laskeutuiはイントロのキーボードで悶絶・・・
中盤はテンポが落ち、緩急の付いた展開を見せます。

7. Extreme Form of Hatredもこれまたイントロのキーボードで悶絶・・・
氷原の上で踊り狂うようなキーボードによる美旋律にやられます。


とまあ、キーボードについてばかり書いていますが、
それほどまでに鍵盤奏者Olli Savolainenのセンスは素晴らしいものがあります。
フィンランドらしい透明感ある美旋律から、
憂いを帯びたメランコリックなフレーズに、
映画のサントラの様な大仰なまでのシンフォニックアレンジと
この手のものが好きな人ならノックダウン必至なのではないでしょうか?

一方、ギターが2人いますが、ほとんど印象に残りませんでした・・・
歪んだギターによるバッキング等、非常にシンプルなプレイが多く、
悪く言えば単調です。
でも、キーボードのサポートだと思えば何とも思いませんねw
ボーカルは中音域中心にガナるスタンダードなスタイルです。
3曲目で聴かれたクリーンボイスがもっとあっても良かったかな?
と思いました。

そんなわけで、メロディック・ブラックに分類されるようですが、
むしろEternal Tears of Sorrowの様なキーボードが目立つメロデスを好んで聴く人や、
Obtained Enslaved等のシンフォニック・ブラックを聴く人に是非とも聴いてほしいです。
逆に禍々しい邪悪極まりないブラックメタルや、
暴虐の限りを尽くしたブラックメタルを期待すると肩透かし喰らいますね。
これは、かなり気に入りましたよ・・・
まだ1stしか持ってませんが、他作品も早急に入手したいですね!
満足度は94点くらいでしょうか。


my space
1,2,6,7曲目を視聴できます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]