忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Silence.jpg










Sonata Arctica / Silence
2001
Melodic Power/Speed Metal




フィンランド産メロディック・パワー/スピードメタルの2ndフル


1. ...Of Silence は短めのインスト
ナレーションとともに渦巻くように美旋律の世界へと吸い込まれていきます。

2. Weballergy のイントロでショックを受けたことは未だに覚えています。
キラキラ美旋律とともに清々しいまでに疾走、
キャッチーなサビに突き抜ける様なハイトーン、
ソロにおけるギターvs.シンセの構図といい正に王道

4. The End of This Chapter は電話のSEを差し挟んだメロウな1曲
疾走続きによる興奮を抑えるかの様にしっとりとしています。

5. Black Sheep もかなりの人気曲、勇ましささえ漂う疾走チューン
カラオケで歌うと息継ぎできずにくたばるのがお約束
スリリングなユニゾンも最高にカッコよし

6. Land of the Free は野郎の掛け声がどことなく恥ずかしい1曲

7. Last Drop Falls も疾走続きの熱い流れから冷静さを取り戻してくれるバラード

8. San Sebastian (revisited) は以前のEPだかにも収録されていた曲の別Ver.
彼らの曲の中でも1番人気があるんでしょうか?正に聖歌的存在です。

10. Revontulet は終始スリリングなユニゾンで押していくインスト曲

12. Wolf & Raven は恐らく本作最速曲の超絶キラーチューン
イントロのリフですら正確にコピーするのは困難でしょうね。
怒声の如く畳みかける歌メロ、サビは相変わらずキャッチーです。


今更紹介するまでもないメロディック・スピードメタルの必聴盤
確か初めて購入したメタルのCDは本作だった様な・・・
それだけに思い入れの強い作品でもあります。

最近はすっかり疾走することを止めてしまった彼らですが、
当時はほとんどの楽曲が疾走しており、メロスパー狂喜の作品に仕上がっています。
北欧らしい透明感溢れる美旋律がこれでもかと言わんばかりに押し寄せ、
圧倒されるばかりでした・・・
その波が引いたと思いきや、しんみりとしたバラードを差し挟んでくる展開もニクイですね。
単調というか自己主張の殆どないドラミング+ベース、
時に高速バトル、ユニゾンを決めるテクニカルなギター+Key.、
北欧らしいクリアな歌声によるキャッチーな歌メロ、
正にメロスピの王道を突き進む快作ですね。
ギターを練習するようになってからJaniの存在の大きさを実感していますが、
彼はよく構築されたソロを丁寧、正確にプレイしており、
奇抜さ・目新しさこそないものの素晴らしいプレイをしています。

1stも名盤として挙げられることが多いですが、
キラーチューンの存在感はこちらの方が上かもしれません。
満足度は93点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]