忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A Legacy of Honor.jpeg










Soulspell Metal Opera / A Legacy of Honor
2008
Melodic Power / Speed Metal




ブラジルのHeleno Valeによるメタル・オペラプロジェクトの1st
EdguyのTobias SammetによるAvantasiaを彷彿とさせますね。
こちらは多くのブラジル人ミュージシャンが参加してます。


シンフォニックなインスト曲1. The Gatheringで幕を開け、
2. Age Of Silenceはブラジルらしい熱い歌メロを伴った疾走曲
間奏の後は、Iuri Sanson(Vo. Hibria)の独壇場です。
Hibriaの方ももうすぐ新譜が出るとのことで楽しみです。
ラストはNando Fernandes(Vo. Hangar)のシャウトで終了。
Hangarでは聴けなかった高音を披露しています。すげえ・・・

3. Troyも疾走曲で、欧風のKey.が心地よいです。
女性Vo.も多めにとりいれた展開で、
ラストはイタリアのDomineの様に駆け上がっていく感じが良いですw

4. Alexandriaはしっとりとしたピアノから始まるミドルテンポの曲。
Key.による哀愁漂うパートになったところで、女性Vo.を持ってくるところが良いです。

5. Milvian Bridgeはスローな1曲。
なにより後半でのNando Fernandesによる熱傷が素晴らしいです。
ブラジル人のシンガーにはあまりいないタイプなのではないでしょうか。

9. Army Of Just One Mindはこれまたサビで段々と盛り上がっていく曲。
しかし、メタル・オペラと銘打つだけあって、歌メロにばかり耳が行ってしまいます。

13. The Last Lifeはスリリングなピアノから疾走
コンセプトアルバムの最終局面にふさわしい緊迫感があります。
これまたNando Fernandesのメタル・オペラ然とした堂々たる歌唱が素晴らしいです。
中盤ではストリングス、ドラムが乱舞するような展開へ


歌モノ大好きな私としては、
Iuri SansonとNando Fernandesの2人に注目してしまいます。
Iuriは出番少ないので、正直物足りなかったですが・・・
Nando Fernandesはそんなにメジャーじゃないのかもしれませんが、
Jorn Lande , David Readman並じゃないでしょうか?

結局、歌のことしか触れてない気がしますが、
ブラジル産のメロパワが好きな人、
歌メロが主張するメロパワが好きな人は気に入るかもしれません。
満足度は82点くらいでしょうか。


2. Age Of Silence
3. Troy
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]