忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gestapo 666 / Satanic Warmaster.jpg










split (Gestapo 666 / Satanic Warmaster) / (Gestapo 666 / Satanic Warmaster)
2004
Black Metal




フランス、フィンランド産ブラックメタル2バンドによるsplit盤
前者は2000年デモ「Gestapo Of Satan」の3曲、
後者は2000年デモ「Bloody Ritual」の9曲を収録


◆Gestapo 666

1. Darkness & Satan は割とオールドスクールなノリを見せる1曲
Rawにバシバシと叩かれるドラムが非常に喧しいです。
突如気のふれた様な叫びをあげるMeyhna'chのVo.も恐ろしいですね・・・

2. Gestapo of Satan はまんまMütiilationじゃねえか!と言いたくなる
気色の悪いアルペジオを用いたイントロから疾走へと流れます。
こちらもMeyhna'chの疲弊し切った様な声が聴いていられません・・・
リフは割とメロディックに主張してきます。

3. Church Raped Division は焦燥感を煽るリフと共に、
切羽詰まったVo.が背後から迫り、狂気に塗れています・・・
Meyhna'ch のVo.ももうイカれ切っていますね。


◆Satanic Warmaster

4. From the Coffin はゆったりと不気味に鳴らされる鍵盤、
化物の呻き声の様なものが響いていくインスト

6. Ancient Womb of Evil はノイジーなギターが不安定に蠢く中、
しつこく喉に絡みつく様なガナリ声が木霊していきます。

7. Carpathian Demons はダークアンビエント的な1曲

10. Nacht der Vampir はポンコツなノリを見せつつも、
Vo.以外のパートが引っ込み過ぎておりよくわかりません・・・

11. Book of Human Skin はキリキリと乱雑に弾かれるギターソロ(?)も登場


Gestapo 666  の方はモロにMeyhna'chの独壇場と言った感じで、
曲によってはまんま初期Mütiilation と言いたくなる内容でした。
バシバシと非常に喧しく叩かれるRawなドラム、
不安感を煽る様なトレモロリフ、
フレンチらしいというかMütiilationまんまの気色悪いアルペジオ、
そこへMeyhna'chの狂気に塗れたVo.が乗っていきます。
恐ろしげなガナリ声だけに留まらず、突如気がふれた様に吐き出される奇声、
疲弊し切った様な声も披露しており、耳を覆いたくなりますね。

Satanic Warmaster の方は9曲と言っても、ほぼ全てが1分前後と短い曲
更にデモ音源らしい音質、プロダクションのせいか最近の作品を期待して聴くと
肩透かしを喰らいそうな内容でした。
特にVo.が入るとその他のパートがほとんど聴こえなくなる感じです。
Satanic Warmaster信者の私でもあまり聴きたいとは思えないですねw

これじゃああの方もSatanic Warmasterでウォータースライダーしたいとか
血迷ったことは言い出さないでしょう。


Gestapo 666 の方は初期Mütiilation、
Meyhna'ch関連作品を気に入った方なら楽しめそうな内容ですね。
満足度は74点くらいでしょうか。


2. Gestapo of Satan
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]