忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Behexen / Satanic Warmaster.jpg










split (Behexen / Satanic Warmaster) / (Behexen / Satanic Warmaster)
2008
Black Metal




フィンランド産ブラックメタルによるsplit盤
両バンドともに2曲収録となっており、MCDフォーマットのものを購入


◆Behexen

1. Mouth of Leviathan は荒涼・殺伐としたトレモロリフで幕開け
フィンランド産らしい寒々しさを感じさせる中、
力強いベースラインが主張してきます。

2. Where the Devil Spoke はあまりに強力なキラーチューン
メロウなリフ、泣きのメロディーが畳掛け、胸が張り裂けんばかりの哀しさに塗れた曲
Vo.も1曲目に比べると高音寄りで喚き散らすスタイル
まさに激情のメロディック・ブラック


◆Satanic Warmaster


3. Where Eternity Awaits は過去作同様の
ジャリジャリとしたギターによる寒々しくもメロディックなリフ、
ボコボコ疾走するRawなドラムは高音域ばかり喧しく聞こえ、
そこへ割れ気味のガナリVo.が乗るスタイル
時折ノルウェイジャン・ブラックの様な重厚さを感じさせる部分も・・・
Keyの使い方もナイスです。

4. The Burning Eyes of the Werewolfは、
名盤1st「Strength and Honour」収録曲のアコースティックVer.


どちらもフィンランド産らしいメロディックなプリミティブ・ブラック
寒々しくもメロウさ漂うトレモロリフ、
その切なさを促進させるガナリ声ヴォーカルといい、
この手のブラックメタルが好きな私には素晴らしい内容でした。
音質もブラックメタルとして程よいレベルではないでしょうか。
Satanic Warmaseter目当てで購入したんですが、
Behexenが思った以上に良く、Satanic Warmasterが霞むほど・・・
勿論どちらも気に入っています。
メンバーが関係しているSargeistも買ってみようかと思いました。
満足度は87点くらいですかね。このクオリティーでフルアルバム作られたら堪らん・・・


2. Where the Devil Spoke


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]