忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Firmament Eclipse.jpg










split (Folkvang / Pagan Hellfire) / Firmament Eclipse
2009
Black Metal

 



ベラルーシ産、カナダ産のブラックメタル2バンドによるsplit盤
両バンドともに2曲ずつの収録
CDフォーマットのものは1000枚限定らしいです。


◆Folkvang

1. Water, Fire, Air and Earth は長閑な風景を想像させる笛の音、
ノイジーなギターが交差するイントロの後、劇的な疾走を見せつつ進行
メランコリックなトレモロリフに溶け込むようなガナリVo.、
曲名からして自然崇拝系ブラックメタルの香りが漂う素晴らしい1曲です。

2. Renovation はメロウなプリミティヴ・ブラックチューン
琴線を揺さぶりまくるトレモロリフ、
後半で登場する高音寄りのメロディーに悶絶・・・

3. Night is When We March はPagan Hellfireのカヴァーとのこと
原曲は知りませんが、Darkthroneの様なプリミティヴ・ブラックで、
よりメロディアスで疾走感があり、ノリ良く進む一面も

4. Murder はKatatoniaのカヴァー
前曲までからは一転してゆったりと進行
陰鬱でありながら美しさも感じさせるサウンドが見事


◆Pagan Hellfire

5. A Symbol of Unity は刺々しいノイジーなギター、
ポンコツ臭の漂うドラムで突き進む1曲

6. To Take Up Arms はSatanic Warmasterを彷彿とさせるノリを見せます。
とあるブラックメタラーに言わせればウォータースライダー系でしょうか。

7.  Impact of GodsはFolkvangのカヴァー
本作の2曲目同様にメロウなプリミティヴ・ブラック

8. Erdennacht はForsetiというバンドのカヴァーらしいです。
物悲しいメロディーをゆったりと垂れ流すギターはどことなく神秘的・・・


Folkvang は本作ではじめて聴きました。
メロウ、メランコリックに掻き鳴らされるトレモロリフを主体とした
メロディックなプリミティヴ・ブラックと言った印象で、
ギターはノイジーでありながらも、ポンコツさは感じさせません。
ただのプリミティヴ・ブラックというわけではなく、
1曲目で顕著ですが最近の自然崇拝、
ポスト・ブラックメタル的なアプローチも見せており、魅力的なバンドですね。
他の作品もチェックしていこうと思います。


Pagan Hellfire の方も存在は知ってましたが、本作が初聴
こちらもメロディックなプリミティヴ・ブラックといった作風ですが、
より刺々しくポンコツなサウンドで押してきます。
Nargarothの「Rasluka Part II」に近い曲から、
Satanic Warmaseter辺りのノリの良いスタイルも
とあるブラックメタラーに言わせればウォータースライダー系でしょうか。


両バンドともに初めて聴きましたが、結構気に入っています。
どちらもカバー曲を2曲ずつ収録しているので、
本作だけではどんな作風なのかイマイチ掴みきれない部分も多いですね。
他作品もチェックしていきたいところです。
満足度は85点くらいでしょうか。


2. Renovation
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]