忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Wiedersehen - unsere Hoffnung.jpg



 






 split (Heretoir / Thränenkind) / Wiedersehen - unsere Hoffnung
2010
Black Metal , Shoegazer

 



ドイツ産ブラックメタル2組によるsplit盤
お馴染Pest Productions から1000枚限定でのリリース


◆Thranenkind


1. Niemehr (Intro) , 6. Abschied (Outro) 共に哀しく美しげなピアノによるインスト
EP「Eine Momentaufnahme - Der Rest ist nur Einsamkeit」でも聴かれた
抑揚のあるタッチがドラマティックで良い感じ

2. Posthuma はVo.の慟哭でスタート
ノイジーなギターによるリフは、ドイツ産らしい寒々しさを感じさせます。
アコギ、男女両声の台詞、ロック的なリズムと共に疾走したりと、
Amesoeursの様な近代的な音世界でしょうか。


◆Heretoir


5. Graue Bauten はダウナーな空気を撒き散らすトレモロリフ、
それに呼応するVo.がどうしようもない切なさを誘います。
Alcest 等を想起させる優しく幻想的な音使いも印象的


3. Wiedersehen...unsere Hoffnung は両バンドにょる楽曲
中盤のクリーンなパートから凄まじい絶叫が飛び出し、
メランコリックなトレモロと共に進行
序盤はThränenkind、後半はHeretoir的でしょうか。


Thranenkind の方はEP「Eine Momentaufnahme - Der Rest ist nur Einsamkeit」
と同様の作風、そちらを気に入った方なら安定したデキかと思います。
そちらよりVo.のそちらより存在感が増していますね。

Heretior のEP「.Existenz.」はそこまで気に入っていなかったので、
あまり期待はしていなかったんですが良い意味で裏切られました。
儚く寂しげなトレモロリフを刻み続ける中、
Alcest 等に通じる温かみ・哀愁漂うフレーズを紡いでいきます。
Vo. のせいかより陰鬱さが際立っていますね。
力強いベースラインも印象的

両バンド共に小出しに作品をリリースしていますが、
いい加減フルで出せといった感じでしょうか。
Heretoir の方はリリース予定のようですがいつになるのかな?

彼らの他作品、Alcest , Lantlos等好きな方に薦めたい作品
満足度は83点くらいでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]