忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Straasha / Numenor.jpg










split (Straasha / Numenor) / (Straasha / Numenor)
2002
Black Metal




フランス産ブラックメタル2バンドによるsplit盤
Straasha は7曲、Numenor は4曲を収録


◆Straasha

1. Chapter I: A Revelation Beyond Dream は吹き抜ける風の音から始まり、
優しげなトレモロに朗々としたクリーンボイスが重なります。
その後は唐突に身を刻む様に迫る激情のブラックメタルへ・・・
キレにキレまくった血反吐吐き系のガナリVo.がカッコ良し
中間に野郎共の喧騒のSEなんかも挿入

2. Interval はアコースティックなインスト
雄大なストリングスの調とアコギの絡みは、Nachtreich を思い出させます。

3. Chapter II: ...Drawing Near The Quest はメタル然としたリフがフェードイン
泣きのリードギターのハーモニーからドラマティックに疾走していき、
前曲までとは大分違った印象を受けます。

4. Chapter III: Farewell To The World は牧歌的なクリーンボイスのハモリが印象的

5. Chapter IV: The Lonely Wandering は寂しげなインスト

6. Chapter V: Great Battle Of Elements は出だしから激情のメロディック・ブラック
壮大ささえ漂うドラマティックな1曲になっていますね。


◆Numenor

8. A Journey Of Honour は神秘的な装飾を加えるシンセ、
ギターと幾重にも重なるコーラスの壮大さに後光が差しこんできそうなほど・・・
その後は涙腺崩壊を誘うトレモロと共に疾走

11. A Cosmic Revelation は激情のメロディック・ブラック然とした出だし
この手の曲が好きな私としてはこの出だしで勝負あったと言った感じです。


Straasha の方はアコースティックな哀愁溢れるパートと、
身を刻む様に迫る激情のメロディック・ブラックパートを巧みに組み合わせた楽曲が多く、
堰を切った様に爆走へ突入する部分にはわかっていても身悶えしてしまいます。
朗々と牧歌的な歌唱、クリーンボイスの比重も大きいですが、
寧ろ血反吐吐きスタイルのガナリVo.が壮絶でカッコ良し
自分の喉を省みず、叫び散らす様に惚れます・・・
インスト曲含めて全体を1つの流れとして纏め上げている点も見事

メロディック・ブラックから、Ulver の1st、In the Woodsなどを好む方に薦めたいですね。


Numenor の方は心身ともに浄化されそうな何とも美しく神秘的なKey.の装飾、
涙腺崩壊を誘うトレモロリフが琴線を刺激して止みません。
ドゥームの様などうしようもない悲しみを誘いながらも、
一切のネガティヴな感情は抱かせない、そんな印象を受けました。
こちらもクリーンボイスを多用していますね。
スケールの大きさを感じさせる楽曲群にクラクラ・・・


両バンドとも本作しかリリースがない様ですが、
もっと聴いてみたいと思わせるには十分な作品でした。
満足度は88点くらいでしょうか。


6. Chapter V: Great Battle Of Elements
11. A Cosmic Revelation
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]