忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I.jpg

 








split (Sun of the Sleepless / Nachtmahr) / I
2004
Black Metal

 




ドイツ産ブラックメタル2バンドによるsplit盤
Sun of the Sleepless が6曲、Nachtmahr は3曲収録


◆Sun of the Sleepless

1. A Wolf in Sheep's Skin Clad 音量控えめな静けさ漂うイントロから、
スタスタとロウ、プリミティヴに疾走していきます。
Vo.の埋もれ具合、ギターの音を聞く限りEP「Poems to the Wretches Hearts」より
音質は劣悪になっているような・・・

2. Romanze zur Nacht はミドルテンポ主体で進む中、
哀愁匂わすリードギター、リフが身に沁みる1曲

3. Dunkelheit は御存知Burzumの名盤「Filosofem」からのカヴァー
これまた忠実なカヴァーで、
あの得も言われぬシンセなどもよく再現されているように思います。
Burzum聴きたくなってきますね。

4. Neunter November はインスト
なんとスクラッチ音等を交えたダーク・アンビエント的な曲
このノリはEPの様な作風を期待していた私には合いませんでした・・・


◆Nachtmahr

7. I は軽快にスタスタと疾走していく中、メロウなトレモロがグイグイと引き込んでいく
メロウなプリミティヴ・ブラックといった作風
中盤の郷愁の念に駆られるアコースティックなパートにも悶絶・・・
アウトロのトレモロもいいぞ、もっとやれと言いたくなりもっと聴いていたいです。

8. II は序盤はのっそりとドゥーミーに進行していきますが、徐々に疾走

9. III は同郷のKlabautamann の様な音使いを感じます。
ポストブラック的な胸を掻き毟る哀愁のトレモロリフも顔を出します。


Sun of the Sleepless の方は、過去のEPで聴かれた荒涼感を振り撒く
メロディックでメロウなリフ、疾走多めの展開は鳴りをひそめ、
スロー~ミドル主体で進行する楽曲が多めになっています。
Burzum の影響を強く感じさせる作風と言えるでしょうか。
現にカヴァーも入っていますが、これまた原曲に忠実ですしね。
ただ、スクラッチ音などブラックメタル、と言うかメタル自体に馴染まない
(と個人的には感じている)インダストリアルな音、独特のノリは聴く人を選びそう・・・
特にEP「Poems to the Wretches Hearts」を気に入り、
そういった作風を期待していた私は受け入れられませんでした。

Nachtmahr は程良くメロウなメロディーを配したプリミティヴ・ブラック
中間に挿入されたアコースティックなパートによる郷愁の念を誘う場面も
Sun of the Sleepless が肩透かし気味に感じられたので、
こちらは結構良く聴こえました。

満足度は70点くらいでしょうか。
Poems to the Wretches Hearts でも聴こう・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]