忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Leere.jpg










Thorngoth / Leere
2010
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの3rdフル
Lunar Auroraの元メンバーがVo.とシンセを担当しているようです。


1. Leere I は出だしから猛烈なブラストビートと共に疾走
寒々しくもメロウに迫るギターリフに胸を締め付けられる心地がします・・・
中間部の疾走一辺倒ではないところを見せるパートも素晴らしいですね。

2. Leere II は暗く湿ったトレモロリフの質感がいかにもドイツ産
そこから怒涛の疾走へとなだれ込む展開に悶絶・・・

4. Leere IV は北欧産ブラックメタルに通じる1曲

5. In der Leere は小休止的なインストチューン

6. Leere V はどんよりと重苦しいベースラインが伸しかかり、
滅入った気分にさせてくれます。
正に生理の日と言った感じでしょうか(そんなもん想像の域なんですが)。
荘厳なコーラスを引き連れ不気味に進行していきます。

8. Leere VII は物悲しいリードギターの挿入があります。

9. Leere VIII では泣きのトレモロが本作のラストを告げてくれます。
ひたすら哀しく切ないトレモロの応酬に胸が張り裂けそうですね。
ラストはアコギも登場


寒々しく身を刻み続ける様に繰り出されるコールドなリフに、
雪崩の様なブラストビートが怒涛の勢いで迫ってきます。
そんな中にも物悲しくメロディックな部分も多く、
過去作品に比べ音質も向上しているので大分聴き易いのではないでしょうか。
この感じは正にドイツ産ブラックの王道と言った感じで、
所々スウェーデン産辺りの北欧臭が漂うところも印象的
怒号の勢いで疾走していたかと思えば、猛吹雪が止んだかのように訪れる静寂、
そこへ胸を打つメロディーを差し挟む展開も見せ、飽きさせない巧さを随所に感じさせます。
ベースラインもそれほど主張するわけではないですが、
バンドの底を支えるプレイを披露しており好感が持てますね。
また、シンセを担当するメンバーがいるようですが、あくまで薄らと装飾を加える程度

昨年リリースされた作品の中でもかなり気に入っています。
Nagelfar やKaltetodなどのメロディックなドイツ産ブラックメタルを好む方に薦めたい作品
満足度は91点くらいでしょうか。


1. Leere I
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]