忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Fallen Angel’s Dominion .jpg










Thulcandra / Fallen Angel’s Dominion
2010
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの1stフル
Obscura で知られるSteffen Kummerer を中心とした3人からなるバンド
ドラムはDark Fortress 等のSeraph をセッションドラマーに迎えています。


1. In The Realm Of Thousand Deaths はマーチ的なドラムをバックに
不穏なメロディーを垂れ流すインスト曲

2. Night Eternal からスウェディッシュな空気満載のメロディック・ブラック
ブラストビートと共に掻き鳴らされるブリザードリフ、
中間のアコギパートなどDissection を彷彿とさせる場面が多数

3. Fallen Angel's Dominion も同様に荒涼感満載のリフで突き進みますが、
Cor Scorpii 辺りのトラッド風な音使い、メロディック・デスメタル的な刻みも見せます。

4. Frozen Kingdom は穏やかなアコギで始まり、
そこへ北欧っぽさ漂う叙情的なリードギターが挿入されます。
疾走感こそそれほどないものの、複雑に絡み合うツインリードギターが奏でる
ハーモニーに悶絶・・・

5. Everlasting Fire もモロにDissection スタイルのメロディック・ブラック
不穏な空気を垂れ流すトレモロリフも素敵です。

6. Spirit Of The Night は後半にかけて疾走感を増していくドラマティックな曲

7. Legions Of Darkness では凍てついたシンセも登場

8. In Silence We Eternally Sleep は一応本作のラストを告げるインスト
重苦しく荘厳なピアノによるアウトロ

9. The Somberlain はご存知Dissection の名曲のカバー
超忠実過ぎて突っ込みようがないというか何というか・・・
改めて聴いてみると名曲ですね。


名曲The Somberlain のカバーをやっていることもあってか、
1st, 2nd 期のDissection まんまな楽曲、サウンドになってます。
良くあるフォロワーというレベルではなく、並々ならぬ本気度を感じさせますね。
The Somberlain のカバーを除いたオリジナル曲もモロにDissection スタイル
Dissection 信者なら反応してしまう場面も多いのではないでしょうか。

ブラストビートを伴った疾走パートでは、
ブリザードリフによる荒涼感あふれるサウンドで迫りつつ、
フッと吹雪が止み静寂が訪れたかと思えば、
アコギ・2本のリードギターを絡めた叙情的なメロディーを垂れ流します。
これらが奏でる何とも言えぬハーモニーに悶絶・・・
そんな北欧らしい寒々しさ、慟哭のメロディーに目新しさこそ感じませんが、
やはり良いものは良い、と中々に気に入っています。
Vo. は王道を行くブラックメタル的ガナリ声歌唱
時折、闇夜に映える激情のメロディーに合わせ慟哭を上げています。
myspace の影響を受けたバンドもスウェーデン産ばかりで固められているのにもニヤニヤ
満足度は85点くらいでしょうか。


myspace
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]