忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Under a Frozen Sun.jpg










Thulcandra / Under a Frozen Sun
2011
Black Metal




ドイツ産ブラックメタルの2ndフル


1. In Blood and Fire は本作のハイライト的チューン
怪しげに蠢くアコギの調べに誘われ、叙情的ツインリードが顔を出したと思えば疾走
このリズムパターンというかノリはまんまNight's Bloodのような気がしますが・・・

2. Black Flags of Hate は威圧感あるブラストビートで序盤から疾走
その後の歌メロはこれまたNight's Bloodを匂わせます。 

4. Under a Frozen Sun はタイトルを思わせる退廃的なイントロから、
メロディック・デスメタル黎明期を思わせる叙情メロディーでジワジワといたぶります。

5. Aeon of Darkness は若干エクストリームなメタルっぽい香りがします。
ブラックメタルというか、メロディック・デスメタルでしょうか。

6. Echoing Voices (A Cold Breeze of Death) はむせび泣くツインリードに悶絶・・・
これもメロディックなデスメタル、ブラックメタル本来の美しさが凝縮した素晴らしい曲

7. Gates of Eden は重厚な疾走感にメタル然とした刻みなんかを挟みつつ、
Dissection的な叙情メロディーを配しているキラーチューン
暗くどこか耽美な味わいすら漂います。
本編アウトロを飾る縦横無尽なギターソロも素敵

8. Life Demise (Unanimated cover)はカヴァー曲
原曲は知りませんが、本編に入っていてもそこまで違和感はなさそう


昨年デビューして各所でDissectionソックリだと騒がれたのも、
ついこの間のことだと思っていたら、もう2ndアルバムのリリースとなりました。
ジャケットのカラー、アートワークから漂う雰囲気から抱かせる期待を裏切ることのない
安心のDissectionサウンドを本作も貫いています。

迫力、威圧感のあるブラストビート、
独特の残響感を残していくタムなどによる特徴的なリズムパターン、
暗く、寒々しくかき鳴らされるトレモロリフとどこを切ってもDissection
疾走一辺倒にならず、叙情的なツインリードギターをフィーチュアしているのも嬉しいですね。
前作以上に表現力豊かになったVo.の存在感も増し、
曲によってはDissectionまんまではなく、メロディック・デスメタル的な味わいも
まあ、Dissectionもそうだといえばそうですが・・・
もの悲しさを募らせる巧みな展開は前作以上でしょうか。
非常にドラマティック
短い制作スパンですが、クオリティーは落ちていませんね。

叙情的なツインリードを堪能させるスウェディッシュなブラックメタル、
メロディック・デスメタルを好む方に薦めたい作品
満足度は86点くらいでしょうか。


7. Gates of Eden
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]