忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

As The Wicked Prosper.jpg










Transylvania / As The Wicked Prosper
2010
Black Metal




カナダ産ブラックメタルの4曲入りデモ
3インチCD-Rの方は150枚限定仕様


1. The Burning はどこか懐かしげなメロディーを奏でるアコギ、
ノイジーに暗く重苦しいギターが重なって行く中、
メランコリックなクリーントーンのギターが映えるインスト

2. Of Death and Defiance はノイジーなギターが徐々にフェードイン
ここだけ聴くとシューゲイザーっぽさもありますが、徐々に暗黒耽美なブラックメタルへ
もがき苦しむスタイルのVo.も映えますね。

3. As The Wicked Prosper はキラーチューン
モコモコと籠り気味のブラストビートと共に激烈に疾走するイントロから、
ロマンティックなリードギター、ソロを交えつつ進行していくドラマティックな1曲
特に後半アウトロにかけてのソロがお気に入りです。

4. L'Ennemi (Charles Baudelaire はPeste Noireを彷彿とさせる1曲
胡散臭いメロディーと圧迫感のあるリフによる濃厚なフレンチ・ブラックスタイルを踏襲
儚げなクリーンギターとベースの絡みも儚げで美しいです。


カナダ産ですが、どこを切ってもフレンチ臭のする作風
また、Pest Productionsからのリリースではありますが、
あまりそういうレーベル臭もしない作品でした。

Celestia の様な暗黒耽美、ロマンティシズムなブラックメタル
所々Manierismeの様な危うさと美しさが同居した音も印象的
更にはどこか気だるげな空気の漂うギターソロ、メロディーなんかは
Peste Noire のようでもあり、モロにその辺りのフォロワーと言えそうですが、
上記バンドほど濃厚ではなく、Noktuの様な気持ち悪さ、ウザったさもなく
適度なバランスで聴き易い4曲でした。
暗く、ジメジメとした質感はあるものの、そこまでデプレッシヴ・ブラックという印象は泣く、
昨今流行りのシューゲイザー影響下ブラックメタルとも一味違った内容

CelestiaやPeste Noireなどのフレンチ・ブラックを好む方に薦めたい作品
この作風でフル作られたらかなり悶絶できそうです。
前のデモ音源も欲しいところですが、中々見つかりません。
満足度は81点くらいでしょうか。


3. As The Wicked Prosper
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]