忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

hin-fort.jpg










Trist / Hin-Fort
2007
Dark Ambient




チェコではなく、ドイツ産ダーク・アンビエントの2ndフル
Lunar Auroraでも活躍しているBenjamin Königが頑張ってます。
2枚組CDで、画像は中ジャケのものです。


Disc 1は何と1曲60分という構成・・・
はじめの10数分は神秘的なアンビエントパートで、
中ジャケ画像の様に暗黒空間を漂っているかの様な感覚に襲われます。
その後語りが入り、轟音がなだれ込んできます。
ドドドド・・・とファストに叩かれるドラム、
ノイジーなギターがDarkspaceを彷彿とさせますが、そこまで煩くはないです。
また、時折煌びやかな星々を思わせるKeyが挿入されます。
所々ガナリ声スタイルのボーカルも登場していますが、轟音に埋もれ気味・・・
また語りが入ったりしつつ、また轟音の如く疾走します。
徐々に変化するメロディーを含ませつつ、
ラストは冒頭と同様のアンビエントパートへ・・・


Disc 2は7曲約60分という構成

1. (Keine) Angstは女性のカウントが何とも気味悪いです・・・
泣いているし、何ゆえここまで追い詰められているのか・・・
怪物の声?みたいなものも挿入されていて、怪奇なサウンドです。

2. Unter Den Wolkenはザーザーいうノイズが行ったり来たりする中、
神秘的なキーボードが被さるアンビエント曲

3. Hilfeはセリフや様々なSEが入り乱れたカオスな1曲
それでもやはり冷やかなシンセが印象的です。

5. Schaflos , 6. Nachtflugは共に10分超の大曲
物騒なSEが頻繁に聴かれ、一体何が起きているのやら・・・

7. Fortは冷たいピアノやアコギが何か悲劇的な印象を与えます。


Disc 1はDarkspaceを彷彿とさせるアンビエント色の強いブラックメタルで、
轟音が迫ってくるも、Darkspaceほどはうるさくなかったです。
ずっと同じような曲調が続きますが、徐々に新しいメロディーなんかが現れ、
60分でありながらそんなに飽きの来ない展開は見事でした。

Disc 2はメタルなのかすら良くわからないアンビエント
セリフ、女性声、様々なSEが登場しつつも、
冷やかなシンセサイザー主体で聴いていました。

Disc 1 , 2でアプローチこそ違えども、
表現されているのは、中ジャケの如き宇宙空間を漂う様子です。
私はDisc 1の方が好きです。
この曲調でもう少しコンパクトな作品を出してほしいものです。
満足度は87点くらいでしょうか。

Cold Dimensions恐るべし・・・
1stフルだけ持ってませんが、500枚限定だし、
入手できるか微妙なところですね。


my space
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]