忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Legend.jpg










Tyrant / Legend
2002
Symphonic Black Metal




日本産シンフォニック・ブラックの2ndフル
私は3rdをはじめに入手したんですが、
この当時からkey.のAyumi以外は白塗りですね。


1. Maze of Infernoのイントロが始まって間もなく、
「アレ・・・?このキーボードSkylark(イタリアの伝説のバンド)かw?」
と思いました。
ブラスト、Cradle of Filthの様なナレーションも登場し、
荘厳かつ邪悪なシンフォニック・ブラックを展開しています。

2. Erebusはブラストビートを多めにとりいれた曲で、
中盤テンポが落ちた後にギターソロになります。
ネオクラシカルっぽい音色で、泣きのプレイを聴かせます。
その後は荘厳なキーボードと絡み、盛り上がりつつフェードアウト

3. Wargodはベースが主張する1曲
早朝の美しい湖面を彷彿とさせるキーボードが良いです。
またしてもエモーショナルなギターソロが挿入されてます。

5. Tears of Purgatory (Black Rain)は13分超えの大曲
他曲に比べ、ギターリフが前面に出てきてる印象を受けるも、
やはりキーボード主体で引っ張っていくスタイルは変わりません。
ベースが所々主張してくるのがニクいですw
アコースティックな泣きのフレーズも取り入れられています。


荘厳なキーボード主体のシンフォニック・ブラックです。
3rdと比べると、音質は良くないですね。
はじめはキーボードの音色にSkylarkを感じましたが、
Limbonic Artっぽいかな、と感じるようになりました。
3rdより曲、キーボードの音色のバリエーションが少ないように思えますが、
この一貫したスタイルも気に行ってしまえば良いものです。
エモーショナルなギターソロ、アコギの挿入、
時折テクニカルなベースが登場し、良いアクセントになってます。
各曲が長尺なのを差し置いても6曲入りというのは少し寂しいかも・・・
あと1stだけ持ってないんですが、いつか入手したいですね。
満足度は87点くらいですかね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]