忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bergtatt.jpg










Ulver / Bergtatt
1994
Black Metal , Folk




ノルウェー産ブラックの大御所による1stフル
ブラックメタル界における名盤とされている作品


1. Chapter 1: Lost in the Forest of the Gnomesはフォーク色の強い曲
終始クリーンボイスによるボーカルで、Garm美声ですね。
終盤、アコギが登場した後は勇壮なメロが展開されます。

2. Chapter 2: Evelen Follows Behind Vaseはアコギ、笛によるイントロからスタート
そこから一転して疾走し、ブラックメタルパート開始
中盤のテンポが落ちるところでは、雄大な大自然が思い浮かびます。

3. Chapter 3: Graablick Watches Her Closelyもアコギによるイントロから、
爆走し、ブラックメタルパートへ移ります。
焦燥感を募らせるギターとベースの絡みが秀逸です。
中盤、足音のSEとピアノが登場
その後のトレモロギターが何とも切なく、素晴らしいです。

5. Chapter 5: Bergtatt: into the Field Chambersはラストが良いです。
掻き鳴らされるトレモロギターがフェードアウトしていき、
アコギが登場し、涙腺崩壊フレーズを奏でます。


全編にわたってフィーチュアされたアコギ、
時折顔をのぞかせるピアノ、笛、SEが一風変わったブラックメタルを演出してます。
ボーカルのGarmはうっすらとしたクリーンボイスから、
邪悪なガナリ声を巧みに使い分け、ともに美声です。
また、ベースが割と主張して目立っていると感じました。
トレモロギターとの絡みが良いです。
ジャケにあるような鬱蒼と広がる大自然が浮かぶサウンドです。
本作はブラックメタルにおける名盤とされていますが、
ヴァイキングメタルやフォーク色の強いメタルを好む人にも聴いてほしい作品です。
満足度は90点くらいでしょうか。

そして、本作も1994年産・・・伝説の年ですね。


5. Chapter 5: Bergtatt: into the Field Chambers
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]