忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Vainglory.jpg










Vainglory / Vainglory
2007
Heavy Metal




アメリカ産Heavy Metalバンドの2ndフル
ボーカルは女性ボーカルです。


バチバチ、ドカドカとドンパチやり合っているSEで幕を開ける1. Walking the Dead
メロディアスになり過ぎないヘヴィーなリフがザクザク鳴り、
Kate Frenchによる強靭なボーカルが木霊する正統派チューンです。

2. Burndeadはややテンポが上がり、重低音が強調されているかの様なドラム、
相変わらずの硬派なリフが心地よいです。
サビでは張りつめた空気を切り裂くかのようなKate Frenchのハイトーンが炸裂し、
語尾に僅かながら憂いを帯びさせるところもあります。

4. Face of DeathはCorbin Kingのリードギターがフィーチュアされた1曲
本人の敬愛するYngwieからの影響を感じさせるソロです。

6. Undying Loveはしっとり女性声で歌いあげるパートと、
強靭な金属声で歌うパートの対比が面白く、
さながら独りツインボーカルの様相を呈していますw
メタル歌唱に豹変するところが良いです。

7. Decapitation Attackはザクザクとスラッシーに刻みまくるリフ、
Corbin Kingの弾きまくるリードギターにテンションが上がらずにはいられないインスト
ネオクラ好きな人なら気に入るのではないでしょうか?
私は気に入りましたw

10. Endlesslyは憂いを感じさせるサビの歌メロが印象的で、
2回目のサビでは凄まじい超高音シャウトを発しています。


押し寄せる重低音リフ、ドラムにKate Frenchの強靭なメタルボーカルが乗る
正統派Heavy Metalで、軟派メタラーの私にはど真ん中ではないものの、
Corbin KingによるYngwieからの影響を思わせるテクニカルなギター、
ある程度キャッチーな歌メロのおかげでそこそこ楽しめる作品でした。
Vicious Rumors等の正統派メタルが好きな人なら気に入るのではないでしょうか。

それにしてもKate French、女性ながら恐ろしいシンガーですw
Mike Vesceraあたりを思わせる声質、圧倒的な声量に加え、
Ralf Scheepersの如き、天を切り裂くような高音スクリームの持ち主です。
ただ6曲目で普通の女性声でも歌ってるあたり、ギャップが面白い・・・
満足度は78点くらいでしょうか。


my space
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]