忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Idealism.jpg










Veiled in Scarlet / Idealism
2012
Melodic Death Metal

 



国産メロディック・デスメタルの1stフル
元Serpentのメンバーを中心とし、待望のデビューとなりました。


1. Desire はスピーディーな展開の中に、泣きじゃくるリードギターを大胆に挿入
ソロはシュレッドしまくるスリリング・テクニカルなパートと、
ハモリの効いた泣きのパートが入り乱れ大いに悶絶させられます。

2. Belief は昔のSoilworkみたいなリフワークを見せます。
デスラッシュ張りの突進力が心地よいですね。

3. The whereabouts of my soul は深い悲しみの底に沈み込むようなピアノの音が秀逸
Dark Lunacyあたりを彷彿とさせます。

4. Idealism はコテコテな様式美、クラシカルなギターが笑いを誘うほどに凄まじい1曲
ソロの掛け合い、ユニゾンに圧倒されます。

5. Drift も3曲目同様にDark Lunacyを思わせる鍵盤の使い方が印象的

8. Resistance はシンフォニックなアレンジが秀逸で、
物憂げなピアノとエモーショナルなギターも主張
どことなくゲーム音楽っぽさも感じる1曲です。

9. Dividing Line は本作のエンディングを飾るインスト
典型的な泣きのギターと寂しげなピアノにより本作の幕を閉じます。


元Serpent の Keija氏を中心としたメンバー編成ということもあり、
どこを切っても今は亡きSerpent そのものと言ってしまっても差支えがない
クサメロが乱舞するメロディック・デスメタルを披露しています。

北欧の叙情派メロディック・デスメタルとも、
近頃流行りのモダンなメロディック・デスメタルともつかない
国産らしいロマンティシズムに満ちた泣き・クサメロをこれでもかと詰め込んだ
超弩級のメロディック・デスメタルとなっています。
叙情的なリフを紡ぐというよりは、クサクサなリードギターで畳み掛けるものが殆ど
シンセ・ピアノも所々で主張するものの、あくまで主軸は2本のギターでしょうか。
ソロではスリリング、クラシカルなシュレッド、
泣きのエモーションを爆発させたプレイも飛び出し圧倒されます。
スピード感溢れる曲も多いことから、疾走派も満足させてくれるでしょう。


耽美派、クラシカルなメロディック・デスメタルを好む人に問答無用で薦めたい強力作
Serenity in Murderといい、国産ならではメロディーを体感できます。
満足度は92点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]