忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Funeral Era.jpg










Vhernen / The Funeral Era
2009
Black Metal , Doom , Dark Ambient




フェロー諸島産ブラックメタル、ドゥームの音源集
過去のデモ音源、EPを収録してます。


1-6曲目は2006年のデモ「Sepulchral Sorrows」収録曲


1. Eclipse は1分足らずのインスト
怪しげなダークアンビエントといった感じでしょうか。

2. Requiem は10分以上ある大曲
のっそりとジワジワ進んでいく中、ノイジーなギターが木霊し、
死霊の呻きの様なボーカルが奥の方から聴こえてきます・・・
破滅に向かって彷徨い歩いてる様なドゥームサウンドで、
最早フューネラル・ドゥームさながらです。
ゆったりと叩かれる鍵盤、ノイズ(?)が重苦しいことこの上ない・・・

5. In Equinox はシャリシャリとしたノイズが耳につきます。
そのままノイズに包み込まれる用にして終焉・・・


7-10曲目は2006年のEP「.S.y.b.e.r.i.a.」収録曲


7. Syberia はスタスタ疾走するドラムの存在のせいか、
さっきまでのデモ音源に比べ1st寄りになった印象を受けます。

8. Tundrhaも疾走している曲
チェロ(?)による厳かで重くのしかかってくる様なメロディーが1st同様でカッコいいです。
中盤、いきなり静寂が訪れアンビエントパートへ・・・そのまま終了


デモ「Sepulchral Sorrows」収録曲の方は、
ブラックメタル要素はあまり感じられず、ドゥーム的な側面が色濃かったです。
のっそりスロー~ミドルで進んでいく楽曲中心で、
ノイジーな音作りによる破滅に向かって彷徨い行くサウンドと言った感じでしょうか。
間に挟まれている短めのインストは、ダーク・アンビエントになってます。
ノイズ、様々なSEを用いており、重苦しく陰惨・荒廃した世界観を上手く表現してますね。
また、デモ音源ですがそんなに音は悪くありません。

EP「.S.y.b.e.r.i.a.」はより1stフルに近くなった印象を受けます。
チェロによる荘厳なメロディーは重苦しく伸しかかってくるようです。
ボーカルは相変わらず死霊の呻きの様で恐ろしいですが、
奥の方から聴こえてくる感じなのでインスト感覚で聴いてました。

1stフルを聴いて、その内容を気に入って本作を聴くと肩透かし喰らうかもしれません。
満足度は74点くらいでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]