忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Stream of Consciousness.jpg










Vision Divine / Stream of Consciousness
2004
Melodic Power/Speed Metal




イタリア産メロディック・スピード/パワー・メタルの3rd
本作よりVo.がFabio Lioneから当時は無名だったMichele Luppiへチェンジ
(今ではまたFabio Lioneに戻っていますね。)


1. Stream of Unconsciousness は本作の導入部を担う短めのインスト
狂人がラジオの歌に合わせて歌っているらしいです。

2. Secret of Life は煌びやかなKey.と共に疾走するイントロから
Michele Luppiの歌が始まると、そちらに意識を持っていかれますね。

3. Colours of My World は、ややダークでプログレッシブなイントロ
Michele Luppiの伸びやかで飛翔感ある歌唱、特に間奏後はチビりそう・・・
ただ、Olaf Thorsenのギタープレイ等インストパートが長く感じられます。

6. La Vita Fugge は恐らく1番有名な曲なのでは・・・?
2番の歌メロとかよくライブで歌えるよな・・・と思うばかりです。
そしてラストの超絶ロングトーンに開いた口が塞がらない・・・
ただ、この曲もインストパート長いんですよね。

7. Versions of the Same は疾走曲続きの中、メロウなメロハー的チューン 
中々良いアクセントになってますね。

8. Shades も人気のある疾走曲みたいですね。
所々でギターとKey.がスリリングなユニゾンを決めていますが、
Olaf Thorsenは速弾き一辺倒な感じがしてしまいます。

14. Identities... はMichele Luppiの表情豊かなVo.が映えるバラード
ギターなしで、ピアノの伴奏だけあれば良いと思えてきます。
途中は無音部になってます。


無名ながら、一気にシーン屈指のヴォーカリストとして認知されるに至った
Michele Luppiのせいで、「ヴォーカルだけ神バンド」とか言われる始末・・・
このブログにもそんな検索かけてきた方がいたみたいです・・・w
そういえば、ここでも彼について触れていました。
リーダーのOlaf Thorsen以外はそれなりに良い働きしてると思いますけどね。
彼のワンパターンな速弾きにイライラさせられる部分もあったものの、
それなりに良質な曲、疾走曲中心の中に良いアクセントとして存在する
メロハーチューンやバラードは楽しめました。
もはや、曲がいいのかVo.補正が大きいのか、よくわかりませんw
それにしても、Michele Luppi恐るべし・・・
高音域での張りのある歌声、安定感、美声っぷりと非のつけようがありません。
ケチをつけようとするなら、面白味がないかもしれませんが・・・無理がありますねw
コンセプトアルバムと言うことで、所々ダークでプログレッシブな質感を感じました。
Dream TheaterのTrain of Thought収録曲に
本アルバムのタイトルと同名の曲がありますね。
もしかしたら影響を受けているのかもしれません。
満足度は83点くらいでしょうか。


6. La Vita Fugge (Live)


Metal Archivesだと本作より4th , 5thの方が高評価を受けているようですね。
私はそれらよりは本作の方が良いと思うんだけどなあ・・・

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]