忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sworn to the Dark.jpg










Watain / Sworn to the Dark
2007
Black Metal




スウェーデン産ブラックメタルバンドの3rdフル
Dissectionのライブメンバーが絡んでいるようです。


1. Legions of the Black Light から強烈なファスト・ブラックです。
ブラストビートを交えつつ無慈悲に叩かれるドラム、
比較的メロディアスなリフワークはスウェーデン産ド真ん中といった感じです。
ただ、疾走一辺倒というわけではなく、ミドルテンポに転じるパートもあります。
後半のギターソロ(?)での不気味なメロディーが印象的です。

3. Withershins は短いインスト
2曲目ラストから繋がっており、非常にもの静かなのが不気味です・・・

4. Storm of the Antichrist はイントロからテンション高めに爆走
サビ前のタメの利かせ方、間の使い方がカッコイイです。

6. Sworn to the Dark なんかもスウェディッシュ・ブラックの王道といった感じで、
ギターソロもありますね。デロデロ繰り出されるトレモロリフも不吉で良いです。

7. Underneath the Cenotaph はイントロから不穏な空気を垂れ流しており、
高速で刻むリフがスラッシーで心地よく、ブラストビートとの絡みも迫力があります。

8. The Serpent's Chalice はメロウなギターが顔を出し、
今までとは若干異なる印象を受けます。
背後でうねる様なベースも存在感があります。


スウェーデン産らしいファスト・ブラックメタルで、
同郷のDark Funeral , Funeral Mistなんかを思わせる部分があります。
フランスのArkhon Infaustus辺りにも近いかもしれません。
ブラストビートを伴いつつテンション高めに爆走するパートと、
不穏な空気を撒き散らすミドルテンポのパートの対比がくっきりしています。
音質もブラックメタルとしては良い部類に入りそうで、
重厚で切れのある演奏が一層際立っています。
邪悪でメロディアスなギターだけではなく、
背後で不穏にうねる様なベースも主張してきて分厚いサウンドになっています。
また、ボーカルの貢献度も見逃せないものがあり、
終始中音域でのガナリ声で迫力、テンション共に素晴らしいです。
スウェディッシュ・ブラックの優等生といった感じで、
上手くまとまり過ぎている感はありますが、クオリティーは高いと思います。
満足度は85点くらいでしょうか。


1. Legions of the Black Light
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]