忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The hands of fate.jpg










Wotanorden / The hands of fate
2011
Black Metal




アメリカ産ブラックメタルの3rdフル


1. Urda はアコギ主体のインスト曲
軽快なリズムなど、どこか長閑な片田舎の喧騒を思わせます。

2. Times of sorrow はコーラスと哀しげなシンセが交わるイントロから、
ナレーションが登場、適度に泣きのメロディーを奏でるリードギターが、
どことなくHirilorn を思わせたりそうでなかったり・・・

3. The warriors oath は穏やかなアコギによる出だし
歪みまくったギターが耳を突く中、ノリノリなリズムで進行
不意に訪れるアコースティックなサウンド、野郎シンガロングなんかは
ペイガン臭が漂いますね。

4. Into the forest unknown は11分を超える大曲
フォーク、アトモスフェリックな装飾を施したイントロではじまり、
力強いブラストビートと共に疾走へ
独特の哀愁を滲ませるリフなんかは初期Behemothなんかを彷彿とさせ、
そこへ泣きのリードギター、クリーンボイスが被さる様に悶絶・・・
なんかDeep PurpleのBurnみたいなソロ(?)ですね。

5. Vengeance amidst the storm は1曲目同様のインスト

6. Mundilfari はメロウな旋律を奏でるベースが印象的


力強いブラストビートを交えた勢いある疾走パートと、
神秘的な光景が浮かぶアトモスフェリックなパートの対比が美しい
中々ユニークなブラックメタル作品となっています。

歪みまくったギターによるトレモロリフ、
随所で主張する適度に泣きの要素を含ませたリードギター、
それらを勢いある疾走パートで垂れ流す一方、
アコギ、シンセなんかを交えたアトモスフェリック、フォーキーなサウンドも登場
こういうスタイルに良く合うクリーンボイスも併用しつつ、
独特の哀愁を紡いでいきます。
ノリノリなリズムや野郎シンガロングなどノリで突っ切る展開なんかからは、
ペイガン臭が感じられますね。
それでいながらペイガンなブラックメタルをあまり聴かない私でもスンナリ聴き通せます。

初期Behemoth、Hirilorn、初期Ulverなんかを好む方に薦めたい作品
満足度は84点くらいでしょうか。


4. Into the forest unknown
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]