忍者ブログ
趣味である音楽(主にメタル)や競馬に関するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Surreal World.jpg










Zero Degree / Surreal World
2010
Melodic Death Metal

 



ドイツ産メロディック・デスメタルの1stフル


1. The Door to the Unknown は1分に満たないインスト
叙情的なツインリードギターが効果的なハーモニーを生みだす
典型的なスウェディッシュスタイル

3. Frozen Alive は力強いドラムに埋もれるように初期In Flamesを彷彿とさせる
若干トラッド風味漂うリフと共に進行
やはり(?)サビはモダンなクリーンボイスも使用
ギターソロでツインでハモり出すとことかもう涙出ますよ・・・

4. The Storm and the Silence はDark Tranquillity辺りで聴いたことがありそうなリフ
随所で心憎いハーモニーを奏でる3本のギターに悶絶・・・

5. Grapes of Wrath は大袈裟なSEで始まる1曲
Anteriorの様な若さ溢れるエネルギッシュな一面と、
あくまで叙情的なギターで押しまくる一面がせめぎ合う様が堪らんのです。

6. Whispering Age はゆったりと勇壮なリードギターで開始
ひたすらに暗く哀しみに包まれたメロディーが痛いほどに突き刺さります。

7. Virus も割とモダンでアグレッシヴなリフで突っ走ります。
ホントにツインリード好きのツボを抑えてくるソロがニクい・・・

8. Disease はアタック感のなりユニークなリフから一転、
デスラッシュ張りの心地よい疾走を見せます。

9. Surreal World は厳かささえ漂うリフに、モダンな装飾を加えるシンセが絡み、
哀しみを徐々に募らせるリードギター、ソロがやはり秀逸

10. Where Angels Die は近未来的な空気漂うSEでスタート
何度も言いますが、リードギターのハモリ方、魅せ方をよく心得てますね。


初期In Flamesを匂わせる叙情的なツインリードギターを大胆にフィーチュアした
メロディック・デスメタルの王道をいく強力作
派手な展開、アグレッシヴなサウンドこそ控え目ではありますが、
そのあまりに強力なツインリードの存在に涙が止まりません・・・
リフワークの方もDark Tranquillity辺りに通じる典型的スウェディッシュスタイル
その叙情的なメロディー・リフに合わせ、
悲哀に満ちた慟哭を上げるVo.の貢献も大きいですね。
サビではクリーンボイス寄りの歌唱も披露
泣きの展開を更に盛り上げます。

最近流行りの21世紀型メロディック・デスメタル、
モダンなサウンド、へヴィーさを主張する作風というよりは、
やはり90年代前半~中盤のメロディック・デスメタル黎明期を思わせるサウンド
ドイツ産ですが、スウェーデンへのリスペクトに塗れた作品と言えそう。
捨て曲なしの超優等生タイプなバンドですね。
本作は最近買ったんですが、2010年に買っていたら、
年間ベストにランクインしていたであろう強力作
初期In Flames, Dark Tranquillityを好む方、
と言うよりメロディック・デスメタルに関心のある方に聴いて欲しい作品
満足度は93点でしょうか。


3. Frozen Alive
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mosa
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/08/10
職業:
研修中
趣味:
音楽鑑賞 競馬観戦
フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
(09/09)
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]